プラスチックフレームのメンテナンスクリーム”デュアルクリーム”のご紹介! | 学大の眼鏡専門店 クリエーターズアイウェア ライブラ | 目黒区にある学芸大学駅より徒歩3分のメガネのセレクトショップ|livra(ライブラ)

menu

BLOG

プラスチックフレームのメンテナンスクリーム”デュアルクリーム”のご紹介! | 学大の眼鏡専門店 クリエーターズアイウェア ライブラ

こんにちは!目黒区学大の眼鏡サングラス専門店 クリエーターズアイウェア ライブラの田中です!

 

今日は暑すぎず寒すぎずで丁度良い天気となりました。

過ごしやすい一日ですので、久しぶりにエンジョイできた休日だったのではないでしょうか。

そういえば、エンジョイってあんまり聞かなくなりましたね?もう死語なんでしょうか。

でもそういえば死語もあんまり聞かないような・・・死語も死語なんですかね? 死語が死んだらどうなるんですかね?

うまれかわるのかなぁ・・

もうどっちでもいいですよね・・・  すいません独り言です。

 

さて、みなさんはメガネのメンテナンスはいつもやってらっしゃるでしょうか?

メガネも靴などと同じようにメンテンスが必要です。

というのも、プラスチック素材のものは汗や皮脂、整髪用等により時間とともに劣化が起こるからです。

金属系のものなども汗の電気反応などで変色が起きたり、素材によっては腐食が起きていますので注意が必要です。

 

そこで今回は、セルロイド素材の可能性に特化してモノづくりを進めるメガネブランド”DJUALデュアル”から

”デュアルクリーム” セルロイド&アセテート ポリッシングクリーム

をご紹介したいと思います!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_20160528_170140

 

今までメガネのクリーニングは水洗いがメインでした。

もちろん素材によりますが、よく拭きとることを前提に水で洗うことで汚れを落としながらフレームやレンズなどの負担をなるべく軽減できるからです。

 

もしくはメガネ用に電気分解された特殊なウォタータイプのクリーナーを使うことで、通常の水よりは皮脂などが落としやすくなっているものもあります。

ただ、プラスチックフレームに限って言えば、一度劣化が進んだもの、変色したり、ツヤが無くなったものに関しては補修はできませんでした。

 

そして今回のこの”デュアルクリーム”はプラスチック素材のクリーニングに革命をもたらしてくれました!

汚れを落とすだけでなく、小傷や失った艶もよみがえらせることができるのです!

IMG_20160528_170114

 

使い方はとっても簡単!

 

1 専用のメガネ拭きに少量(30g)をつけます。

IMG_20160528_183805

 

2 擦るようにして汚れた部分、ツヤが無くなった部分を磨きます

IMG_20160528_183855

 

3 次第にクリームが無くなっていきますので、仕上げに綺麗に拭き取ります。

IMG_20160528_184219

 

たったこれだけで、メンテナンス&補修が終了です!

 

ただいくつか注意点があります。

1 マット生地には使用しないこと(ツヤが逆に出てしまいます、マットの意味がありません)

2 レンズには使用しないこと(コーティングが痛んでしまします)

です。

 

いままでにこのようなメンテナンス方法はメガネには存在しませんでした。(あったかもしれませんが少なくとも私は知りません)

 

セルロイドなどのプラスチック素材にこだわり続けた結果生み出されたこの”デュアルクリーム”。

ご興味ある方はぜひ一度お試しくださいませ!!

IMG_20160528_165914

 

〒152-0003 東京都 目黒区碑文谷6丁目1-23
TEL&FAX:03-6303-2330
MAIL:mail@livra-eyewear.com
OPEN : 10:00 – 20:00
CLOSED:火曜日 (祝日は営業)

SHOP INFO

             
  • 〒152-0003 東京都 目黒区鷹番3丁目21-2ソニア学芸大101
  • TEL&FAX:03-6303-2330
  • MAIL:mail@livra-eyewear.com 
  • OPEN : 11:00 - 20:00
  • CLOSED:火曜日 (祝日は営業)
PAGE TOP