menu

BLOG

クレイトン トランクショーから”CF-606”のご紹介!

こんにちは!目黒区学芸大学のメガネ、サングラス専門店 ライブラの田中です。

今日は一段と灼熱地獄と化してますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

お店の冷房も2基ガンガンまわしてなんとかやれています!(~_~;)

 

ここ数日間はこのような状況が続くみたいですので、注意が必要です。

 

さて7月もいよいよ折り返しになり、おかげさまでクレイトンフランクリン トランクショーも残すところあと半月になりました。

 

ご来店頂くのが一番分かり易いのですが、こう熱くちゃ外出も嫌っ!!という方にブログで順次ご紹介したいと思います。

そして今回はCF-606シリーズでございます!

 

メタルリムの内側にワッパというプラスチックリムを挟んだクラシカルなモデル。

上品さとクラシカルが共存した絶妙なモデルです。

 

こちらはGP/BK ゴールドのメタルにブラックのプラスチックリムを挟んでます。

サイドにはしっかり彫金が!

テンプルエンドは七宝塗装でまとめます。

 

こちらはGP/HB ゴールドのメタルにブラウンハーフのプラスチックリムです。

 

こちらはAGP/MDM アンティークゴールドにべっ甲柄のプラスチックリムです。

 

こちらがMBR/MHB マットブラウンリムにマットのブラウンハーフのプラリムです。

 

そして最後がMBK/MBK メタルもプラスチックもマットブラウンのカラーです。

王道のボストンシェイプにプラスチックを絡ませた、シンプルながらクラシカルなモデルです。

初めての方はもちろん、メガネ通の方も唸らせる逸品です。

 

”クレイトンフランクリン”とは  原産国:日本 鯖江市

”古いものが時代を経て新しいものとして生まれ変わる”
をデザインコンセプトとし、クラシックな装いながらも全く新しいデザインを提案しています。
また基本ターゲットをヨーロッパ、アメリカとしてコレクションの展開を行う日本では数少ないドメスティックブランドとしても有名です。
その世界基準でモノづくりを行う姿勢は、海外において日本のデザインとクオリティーが認められると示した草分け的存在です。
そしてそのコレクションは眼鏡の深い知識に裏付けされ、使用する材料から細部のデザインまできめ細やかでこだわりを持った日本人らしい繊細なアイテムを製作しております。
1930~1940年代に欧米で興隆した彫金フレーム1970年代の厳格な装いのドイツフレームンドをモチーフに制作されたフレームは独自の世界観をはなってます

 

クレイトンフランクリン トランクショー開催中!

クレイトンの現行モデル約150本が集結いたしております。

ブランド: クレイトンフランクリン

モデル: CF-763

レンズ横幅サイズ:46mm

レンズ縦幅サイズ:40mm

ブリッジ幅:22mm

フロント横幅:130mm

カラー: GP/BK GP/HB AGP/MDM MBR/MHB MBK/MBK

素材:  チタン/アセテート

価格: ¥30000-(税抜)

made in japan

LIVRA creators eyewear
クリエーターズアイウェアライブラ

  • 〒152-0003 東京都 目黒区碑文谷6丁目1-23
  • TEL&FAX:03-6303-2330
  • MAIL:mail@livra-eyewear.com
  • OPEN : 10:00 – 20:00
  • CLOSED:火曜日 (祝日は営業)

made in japan 

 

 

SHOP INFO

  • 〒152-0003 東京都 目黒区碑文谷6丁目1-23
  • TEL&FAX:03-6303-2330
  • MAIL:mail@livra-eyewear.com 
  • OPEN : 11:00 - 20:00
  • CLOSED:火曜日 (祝日は営業)
PAGE TOP